Loading…

スポンサーサイト

Posted by シーサーアイル on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標高1300mのフリーラン

Posted by シーサーアイル on 11.2011 旅行   2 comments   0 trackback
旅行出発の日の早朝、妻から絵文字入りメールが。

”ふぅたが落ち着かなくてちょっと大変です 早めに来てもらえると助かります” と。

妻の実家で皆で夕食をとった後、私一人自分の住処に戻っていたのだ(妻の実家と私の単身赴任先がご近所という複雑事情)。その晩私不在の中、ふぅたんえばりん坊で手が付けられず、お陰で皆寝不足だとか。

おしっこを部屋のカーペットに平気でしてしまうわ、実家の主であるお義父さんにまでガウガウしてしまうわ‥。
目上の者を敬わない、そんな悪い子に育てたのは誰?

ここはきっちり絞めなければ、と妻の実家に勇んで赴きガラッと玄関を開けたところ、
きゅんきゅんと鳴きながら、しっぽを振って私を出迎えるふぅたん。
その姿を見て、躾けるタイミングを逸してしまったシーサーアイル。

「何だ、良い子じゃん」と目尻を下げる私に、目の下隈つくって険しい表情の妻‥。


ま、あの~、久しぶりの一家揃っての旅行なんだし、楽しくいこうね~。‥なんて、お気楽ノー天気なパパだね。

-----
その日まず向かった先は、昨年も訪れた「月夜野びーどろパーク」。

tsukiyono2.jpg

ふぅたん、去年の夏ここへ来たこと覚えているかなー。
我々が食事を終えるまでの間テーブルの下で待たされたことも。

注文したのはご当地名物、十割そば。

tsukiyonolunch1.jpg tsukiyonolunch2.jpg
   マタ オアズケ?            ボクモゴハンヲ タベタイわんっ!!
                       (青年の主張)

物欲しそうに見ていたふぅたんにおそばを少し分けてあげたが、ぺろっと舐めただけで食べない。
麺類が嫌いなのか、はたまた口の構造上食べたくても食べられないのか。

確かに麺をすすっている犬なんて見たことない?

     wankomen.jpg
      こんなの見つけたけど

ふぅたんがそばをすすれば、これがホントの”ワンコそば” なんちて。

-----
我々だけ食事を終えて、次に向かったのは谷川岳。

tanigawaposter.jpg tickets.jpg

ここのロープウェイ、ワンコもOKなのだ。
下の切符がワンコ用。いっちょまえに往復で500円也。でもふぅたん、”有料手回り品”だって‥。 

tanigawaropeway.jpg
   ゴオン ゴオ~ン‥ 

ropewaygoup.jpg

冬はスキー場になっている天神平まで、沢伝いにぐんぐん登って行く。
シーサーアイル、久しぶりのロープウェイにテンション上がりっぱなしで、自然と歌を口ずさんでしまう。

   丘を 越えて 森を 抜けて
   谷を 渡り  沢を 登る
   山びこの巣  見つけられたなら 他言は無用~♪(ロープウェイから今日は byキリンジ)
 
最近この堀込兄弟にハマっちゃって、つい。

一方、こちらビビり気味なふぅたん。閉所恐怖症か?はたまた高所恐怖症?

   大丈夫だよふぅたん 皆一緒にいるからね

ropeway2.jpg
   ぱぱ ボクノコトハナサナイデヨ

   大事な手回り品 しっかり持つよ

10分ほど揺られ、あっという間に頂上駅に到着。
ここまで登ってくるとさすがに涼しい。そして空気が澄み切っていて気持ち良い~。

topofthehill2.jpg

スキー用のリフトに乗り継いで更に上に登ることができるけど、この雲多き日には今回ここがシーサーアイル家の終着駅。

pinktolift.jpg

リフトの手前でピンク色に咲いているのはシモツケソウ。

pink1.jpg
   デンブのようなふわふわした花が可愛らしい(食べたら甘そう)


リードを外してやると、ふぅたん初めは戸惑っていたが、そのうち草原を走り始めた。

runonthehill01.jpg

runonthehill5.jpg runonthehill2.jpg
   はじめちょろちょろ             なかぱっぱ♪  

runonthehill3.jpg runonthehill4.jpg 
  赤子泣いてもフタ取るな!(猛ダッシュ!!)  

最後は脚もつれちゃったけど、いつも外では下向きのしっぽが、なんとピンと上を向いているではないかっ!
こんなに外で活き活きとしているふうたんを見るのは初めてで、感動したっ!!

runonthehill1.jpg
   ランランラ~ン♪ ドッグラ~ン♪

   思わずふぅたんも 歌口ずさむ

-----
いつまでもここで遊んでいたかったが、そろそろ宿に向かわなければ。
再びロープウェイに乗り込むと、ふぅたん私の腕の中で再びガタガタブルブル。

さっきの元気はどこ行った?

ropewaygodown.jpg

でも確かに登りより降りは怖い。
駅から滑り出るときに一瞬真っ逆さまに墜落するような錯覚を覚えた。
富士急の「高飛車」ってこんな感じ?(いやもっとず~と怖いんでしょうね、ヤダヤダ)

そしてちょうど良い時間に宿に到着した。
水上温泉、ペットと泊まれる宿「だいこく館」。

daikokukan2.jpg

ワンコの入れる露天風呂があるんだって。楽しみだね、ふぅたん♪
続きは次回のブログで。

スポンサーサイト

本当に空気が澄んでいて別世界でした。
辺りからは虫の音が聴こえ、秋の気配も感じられるほど。
でも驚いたのは、ドッグランやふだんの散歩では見せたこともないふぅたんのはしゃぎよう。
いつも窮屈な思いさせちゃってるのかなぁ。

おそばアレルギーの心配は取りあえずないようですよ。Yahoo知恵袋で調べました。
ワンコも年越しそばOKですって。

2011.08.12 04:00 | URL | シーサーアイル #- [edit]
群馬までの旅行だったんですね。
ふぅたんロープウェイはちょっと怖かったね。
音も大きいし、揺れるからかなっ?
でも山の上は本当に涼しそうでいいですね。
暑い日にはこういう涼しい所に行くと別世界
に来たみたいですよね~
ふぅたんお蕎麦は食べなかったんですね。
私も華凛にお蕎麦はあげたことないけど、
(アレルギーが強い食べ物だからあげるのが少し怖い)
そうめんやうどんは華凛は大好きですよ!
あの絵みたいに食べることはさすがにないけど、
長い麺を自分でくちゃくちゃしながら上手に食べていますよ。
旅館もなかなか良さそうですね。
一緒に食事できるのが嬉しいですね。
ふぅたん旅館ではどうだったのかな?
2011.08.11 23:03 | URL | こはる #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://seaserisle.blog133.fc2.com/tb.php/180-d374cd85

日本語→英語

プロフィール

シーサーアイル

Author:シーサーアイル
誕生日:昭和○○年12月9日
血液型:O型
趣味:ふぅたん、朝ジョグ、70年代変拍子Rock
気がつけばアラフィフ男子自炊系。週末のみ妻子と愛犬の住処に帰る、そんな気ままなプチ単身赴任生活を送っている。

ごあいさつ


このブログの主役、風太(通称ふぅたん)は、平成22年3月23日生まれのロングコートチワワ♂。 家族としての深い信頼関係を築きたいという願いを込めてタイトルはQueenの楽曲から取りました。どうぞよろしくお願いします。

いくつになったの

グーバーウォーク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

文楽みくじ

FC2掲示板

日々是鍛錬

つぶやきコアラ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。