Loading…

スポンサーサイト

Posted by シーサーアイル on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのふたりキャンプ<野生編>

Posted by シーサーアイル on 26.2012 キャンプ   0 trackback
最近、ふぅたんの行動に少し変化がみえてきた。
シーサーアイルの家の近くでは、夕方5時を過ぎると音楽とともに子供の帰宅を促す「さよなら放送」がかかるのだが、その音に反応してふぅたんが遠吠えをするようになったのだ。

ふだんの行動からイヌよりネコに近い性格と勝手に決めつけていたが、やはりふぅたんもオオカミの血を引いていたんだなぁ。

wolf2.jpg http://www.allposters.co.jp/
   ウォオ~~ン~

まだそのときの様子は撮れていないが、いつか動画をブログに載せたいと思う。タイトルは、

「チワワ野性に目覚める!?」

とか?

-----

さて、ブログの内容が若干間延びしている感ありだが、ここからは再びふぅたんとのふたりキャンプに戻る。

campsite12087.jpg

ふだんはほとんど家から外に出ない文字通りのインドア派のふぅたん、2才4ヶ月にしてこれが初めてのキャンプ体験だった。

本人の意思とはまったく関係なくキャンプに付き合わせたのは、自然の中で伸びやかに育つ樹木や草花のように、この青い空の下伸び伸びとたくましく育って欲しいというシーサーアイルの親心。

そんな親の想いとは裏腹にキャンプ場のふぅたんときたら、

sleepydog12082.jpg
   テントの中で ファァ~~

sleepydog1208.jpg
   朝食後はチェアーの上で グテ~

アウトドアしに来たのに、相変わらずのインドアライフ。オオカミの末裔としての野生はどこ行った?

そんな体たらくのふぅたんの前に現れたのは、ホンモノの”野生”。

wildboar1.jpg wildboar2.jpg
   ノッシノッシ ノッシッシ

柵を越えて一直線に猪突猛進してくるかとビビったが、警戒心が強くカメラを向けると一目散に逃げて行った。そして遠くの方で立ち止まるとこちらの様子をじっと見ていたのだ。カメラにズームレンズを付けていなかったのが残念。

代わりに我が家の番犬のアップ画像をドーゾ。

って、突然の野生のイノシシの出現という緊迫した状況にあっても相も変わらず

campchair6.jpg
   グースカ ピ~ ZZZ‥

ある意味、図太いと言えましょう。


-----

陽が傾いて少し暑さが和らいできた夕方、キャンプ場の近くの川まで足を伸ばしてみた。川と言っても上流のダムがせき止められている時には、流量の少ない小川のせせらぎ。

riverside1208.jpg
   ちょろちょろ‥

これくらいなら、ふぅたんも溺れることはないだろうと、そっと河原の石の上に乗せてみる。

firstriverside1.jpg

水嫌いなふぅたん、初めはおっかなびっくりで、

firstriverside2.jpg
   ナニスンノー

って顔でパパの顔を見上げてた。

川の中を覗き込むとそこには何かの稚魚の群れが泳いでいた。オイカワだろうか。

   ほら ふぅたんも見てごらん

firstriverside3.jpg
   ホントダー ウジャウジャイルネ

流れに取られまいと指を目一杯開いて石にしがみつき、じーっと川底の魚を見つめるふぅたん。

さすがに犬掻きでワイルドに川を泳ぐことはなかったが、しばらくすると水にも慣れて、帰る頃には自分から水に入れるようになったのは大きな進歩だ。

firstriverside4.jpg
   アラヨッ ト。

ふぅたん、その後はどこか吹っ切れた感じ。リードを外してやると原っぱを闊歩したよ。

walking12081.jpg
   テッテケテー♪

running12081.jpg
   トッテチテター♪

running12082.jpg
   コンニチワワ~♪

おいおい、そっちはよそ様のおうちだから勝手に入っちゃダメ。
ふぅたんのおうちはこっちの”掘立てテント”だよ。

tent1208.jpg
 4畳半ほどのふたりの城  


掘立てテントの中での遊びは、もちろん楽しい”お手てかじり虫ごっこ”だ。

bitingplay5.jpg
   カプッ


bitingplay7.jpg
   ギャウワンワン

bitingplay3.jpg
   アガガガ‥

   いててて ふぅたん今日はそのへんで勘弁してやらぁ

アウトドア2日目にしてようやくオオカミの血を取り戻したふぅたん。

   Oh~噛みかみ‥


-----

今回ドキドキ初めてのふたりキャンプだったけど、とても充実した時間を過ごすことが出来た。
今度は秋のキャンプが楽しみ~♪

でも、家に戻ったふぅたんは、

aftecamp1208.jpg
   モウ キャンプゥ ヤダ

‥だって Why not~?

キャンプ中封印されていた大の方もようやく出てほっとしたのもつかの間、よほど疲れたのか翌日の夕方までほとんど眠り王子で過ごしたのだった。

再びインドア派に戻ってしまったふぅたん、どうやって秋のキャンプに連れ出すか?

   えー秋も行こうよーー パパにはキミしかいないんだよー。

なんて泣き落としがイヌに通用するのか、と真剣に考えるシーサーアイルであった。

スポンサーサイト

trackbackURL:http://seaserisle.blog133.fc2.com/tb.php/249-247e8b84

日本語→英語

プロフィール

シーサーアイル

Author:シーサーアイル
誕生日:昭和○○年12月9日
血液型:O型
趣味:ふぅたん、朝ジョグ、70年代変拍子Rock
気がつけばアラフィフ男子自炊系。週末のみ妻子と愛犬の住処に帰る、そんな気ままなプチ単身赴任生活を送っている。

ごあいさつ


このブログの主役、風太(通称ふぅたん)は、平成22年3月23日生まれのロングコートチワワ♂。 家族としての深い信頼関係を築きたいという願いを込めてタイトルはQueenの楽曲から取りました。どうぞよろしくお願いします。

いくつになったの

グーバーウォーク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

文楽みくじ

FC2掲示板

日々是鍛錬

つぶやきコアラ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。